スズキ・ジムニー(Jimny)が一括買取査定サイトで簡単に売れた体験談

スズキ・ジムニー(Jimny)の見た目が気に入って買ってみたのですが、実際に乗ってみると使い勝手はイマイチでした。

オフロードを走るとか、雪道を走るとかという場合には存分にその実力を発揮してくれるのでしょうが、自分の場合には舗装路しか走りませんし、完全にスタイルだけで選んだのではっきり言って失敗でした。

かと言って自分にとっては安くない車をボコボコになるのを覚悟で、オフロードを走る気にもなれませんでしたからどうしようかと思ったのですが、売ることにしたのです。

一括買取査定サイトを使ってみることに

ジムニーはやや特殊な車ということで、売る場所によっても金額が変わるという体験談を見たので一括買取査定サイトを使って、有名店や専門店を含めいくつかの業者に査定をしてもらうことにしました。

するとやはり金額の差は大きく、よく聞く買取店はあまり高い金額ではありませんでしたが専門店だと結構いい値段になりました。

価格交渉へ

そこで、高く評価をしてくれた業者に絞って査定をしてみると交渉ひとつで結構金額がアップするので、驚いてしまいました。

自分のジムニーはほとんど悪いところがなく、その分だけ値段が高くなったのとこの車でなければ駄目だという人が買う車だけあって、一定の需要があるのでそれなりに値段がつくということだったのです。

そして、最終的にはふたつの業者がかなり競り合ってくれたおかげで、想像以上に高い金額でジムニーを買取りしてもらうことができたので、助かりました。

【体験談2】一括買取査定サイトでスズキ・ジムニー(Jimny)を処分した時の体験談

祖父の遺品整理をしていて最後まで残っていたのがスズキ・ジムニー(Jimny)です。

晩年の祖父は、送り迎えのある介護施設へ行くだけの日々を過ごしていたので、亡くなるまでの3年ほどは乗る機会がなく納屋の中に眠っていました。

定期的にエンジンを掛けていたのでバッテリーが上がることはなく、遺品整理の時も問題なく走行することが出来ました。

オートマ車であれば祖父の形見として身内が集まった時に使用することも考えましたが、祖父のスズキ・ジムニー(Jimny)はミッション車のためそれも出来ず、車検切れや税金など維持費も考慮して手放すことになりました。

一括買取査定サイトは田舎でも使えた

スズキ・ジムニー(Jimny)が置いてある祖父の家は、電車が走っていない田舎にあるため自動車屋はなく、処分をするにもどうしたら良いのか遺族を困らせていました。

そこで白羽の矢が立ったのが一括買取査定サイトです。一括買取査定サイトでは車種や住所を入力するので、田舎でも買取をする業者だけが反応をしてくれるので、引き取りに手間を掛けて申し訳ないということを考えずに済みました。

祖父のスズキ・ジムニー(Jimny)は30年落ちのため、負担金なしで処分が出来れば良いと考えていると、驚くことに数社から10万円ほどの買取希望価格が提示されました。

提示された数社のホームページから、利用者の体験談などを調べ感じのよい業者に引き取ってもらうことにしました。

業者さんは30年落ちとは思えないコンディションと褒めてくれ、さぞかし天国で祖父も喜んでいると思います。

買取価格は希望価格よりも更に高い25万円、そのお金は月命日に花代として利用しています。


愛車をどこよりも高く売る方法↓
中古車一括査定_orange

希望のクルマを効率的に見つける方法↓
車販売_lightblue

今の自動車保険をもっと安くする方法↓
自動車保険_pink